ほぼiPadだけで20記事を書き続けた結果。

iPad

「ブログを書き始めて早2ヶ月。」どうもこんにちは。管理人のhiroです。

みなさんはiPadを持っていますか?僕はメインの端末と言っていいほどiPadを活用しています。今回はiPadだけで20記事ほど書いたので実際どうなのかを紹介して行こうと思います。

どんな感じで更新してるの?

僕の手順を紹介すると

  1. 記事の内容をとりあえず下書きをする。
  2. Safariから管理画面にアクセスして勢いで取り敢えず書く。
  3. アイキャッチを”Phonto”で作成
  4. 公開!

みたいな感じをとってます。特にiPadOSになってからデスクトップ版のサイトが表示されるようになった事もあってとても編集し易くなっているそうです。(iPadOS公開前はまだブログやってなかった…)お陰で不自由なく更新できています。

普通iPadで記事を書かれている方は大抵の場合はアプリを使われています。しかし僕はうまい具合に使い易いアプリに出会ってないのでSafariで更新しています。

有料アプリはなかなか手が出せないんですよねw なので暫くはこの体制で執筆して行きます。

WordPressはアプリもあるのですが、埋め込みが使えなかったりと不自由が多すぎたので、サイトの統計情報を見る事以外にはあまり使っていません。

じゃあ使ってるアプリは?

僕のiPadにはかなりたくさんのアプリが入っていますが、ブログの執筆という観点から見ると使っているアプリは

  • Safari
  • ショートカット
  • Phonto
  • Keynote

の4つだけですね。それぞれ解説すると

Safari

作業のメイン。文章を入力する場所。公開までも全ての基本。

ショートカット

画像にウォーターマーク(透かし)を入れる際に使用。

PhontoとKeynote

記事の画像(アイキャッチ・サムネイルなども)を作成する際に使用。殆どはPhontoを使用して、解説の画像などはKeynoteで作成。

こんな感じです。

意外とシンプルですねw

なぜiPadで更新しているの?

僕がiPadで更新している最大の理由は

iPadOSはライブ変換が使えるから

実はこの機能は今年の3月25日に配信されたiPadOS13.4で配信された機能で比較的新しいです。このアップデートではマウスが正式に利用可能になったりと間違いなくiPadの歴史を変えたアップデートになりました。

このライブ変換は昔からMacには搭載されていたそうですが、iPadにはまだ搭載されていませんでした。それがこのアップデートで搭載されたのです。

このアップデートで僕は初めてライブ変換を使ったので最初は戸惑いましたが、使っていくうちに一々スペースバーを押さずに済むのでとても扱いやすく、正直これは高速タイピングには欠かせない神機能だと思います。

iPad更新で出来ない事

iPadで全ての作業を完結することは出来ません… なのでもちろんpcも使うのですが、iPadで出来ない事は、

lightsailのシステム

だけですね。これはどうしてもiPadだと不具合が多くて進めない事も多々あります。(そもそもはpcで作業するものなので。)

lightsailについてはこちら↓

まとめ

意外と簡単に更新できることがわかると思います。今回初めて見たい!って人はぜひ始めてみることをお勧めします(そもそもの始め方を教えろよw)

最後までご覧頂きありがとう御座いました。もしこの記事が「イイナ!」と思ったらぜひSNSシェアSNSフォローをよろしくお願い致します!
もし宜しければ気軽にコメントして頂けるとありがたいです!
iPad ブログ
\この記事をシェアする/
\hiroをフォローする/
Hirosite

コメント

タイトルとURLをコピーしました