ロード乗りが考える持つべきカードってなんだ?

ロードバイク

ロードバイクに乗るときは持ち物を徹底的に考えませんか?今日はクレジットカードについて考えてみようと思います。

どんな種類のカードを持つべき?

大人の方であれば一つは持っているであろうクレジットカード。そもそも学生だとメリットも分かりにくいですよね。

ロード乗りの方であればずばり、

デビットカード

を持つべきです。

理由は単純で、遠くにライドで出ているときに何か不測の事態が起きたとします。

もし手元に現金が無ければタクシーを使っても帰れませんよね。急遽電車で帰ることとなって例え輪行袋を持っていても、手元に現金を持っていなければ切符を買うことはできませんよね。

もちろんそうならない為に、1万円札を常に持っている方も多いでしょう。ただいざ使ったときにお釣りがジャラジャラ出てきてしまって持ち運ぶのに大変な可能性があります。

もしデビットカードがあれば近くのATMで引き出すことも出来ますし、普段からデビットカード1枚でコンビニ補給をこなすことも出来ます。

それじゃあクレジットでいいじゃんw

そうなんです。別にクレジットでもいいんですw

実際クレジットにはキャッシング機能がありますし(ローン扱いですから金利が発生しますが)、不正利用の保証もきちんと行われています。

ただ、デビットカードであれば、簡単に最大利用金額を指定出来ますし、そもそもデビットカードは銀行のキャッシングカードですから口座にお金があるものは引き出し手数料だけでお金を引き出せます。

ただデビットカードの中にはそれ以外にもメリットがあるものもあります

じゃあオススメのデビットカードは何?

ずばり、オススメのデビットカードは

Sony Bank Wallet

です。

特にオススメの方は

  • 海外通販を利用される方

です。

Sony bank walletのメリットは?

引き出し可能ATMは全国9万台

もし何処かでトラブってしまってお金を引き出したくても近くのコンビニで引き出すことが出来ます。

ATM引き出しは毎月4回は無料

最低でも月に4回は引き出すことが出来ます。

ここでは省略しますが、ソニー銀行の利用状況によって特典があり、それによって何度でも利用可能となる場合もあります。

世界11通貨を外貨預金しておけば、金融機関に払う手数料が無料

海外でクレジットカードや他のデビットカードを使うと、海外事務手数料がかかります。

※VisaやJCBが定める為替レート(1.6%程度) + 金融機関ごとに定められた海外事務手数料(1.6~3%程度)

しかし、事前にソニー銀行の口座に外貨預金しておいて、ソニーバンクウォレットで支払えば、金融機関に払う「海外事務手数料」が無料になります。

これは海外通販にも当てはまり、wiggleやCRCを利用する際にとても大きなアドバンテージになります。

なので、円高の時にその通販で使う通貨を事前に購入しておけば、円安時にお得に高額ホイールを購入することが出来ます。

15歳以上なら審査なしで発行可能

他のネットバンクと比べて口座開設のハードルが低いです。ほとんどのネットバンクは中学生を除いた15歳以上なのですが、ソニー銀行は中学生(中3から)でも口座開設が可能です。

他行への振込手数料が月2回まで無料!

ロードバイクに関するメリットではないですがw、地味に便利です。

急に振り込まなければならなくなった場合にお家の中で即日振り込みが行えます。

※Sony Bank Walletがないと月に1回までになっています。

デメリット

キャッシュバックが他のデビットに比べて少ない

デビットカードではクレジットカードの様に利用額の数パーセントが返ってくる仕組みになっています。しかしソニー銀行は初期状態で0.5%と低く抑えられています。

アプリが少し使いにくいかも

普通に使用はできますが、まれにバグが発生してしまうと初期登録からになってしまう為、少しめんどくさいです。(セキュリティーのためには仕方がないとは思いますが)

まとめ

既にクレジットを持っている方からすればあまりメリットが感じられなかったかも知れないですw

ただ年齢的にクレジットカードを作れない学生などにはとても有益な情報かなと思っています。

このSony Bank Walletはライド時より通販利用時にお得になる可能性があるものですので、ぜひ1枚持って置くのも手かも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました