ダークモード対応しました。(β版)詳細はこちら。

Sony Bank Walletを”Kyash”を使ってApple Payで使う方法

ガジェット

「10代のメイン銀行はネット銀行説。」どうもこんにちは管理人のhiroです。

みなさんはソニー銀行を使っていますか?僕はまだ学生なので、メインにソニー銀行を使っています。

ソニー銀行ではもちろんデビットカードがあるのですが、これはGoogle Payにだけ対応していてApple Payでは使えません。

そこで今回はSony Bank WalletをApple Payで使いながら、しかもポイントも貯まっちゃう方法を伝授していこうと思います。(管理人はこの方法をめちゃくちゃ使ってもます。)

前提として

まず前提としてそのままではSony Bank WalletはApple Payで使うことが出来ません。その為、今回はKyashというサービスを利用してApple Payを使って行きます。

※Sony Bank Wallet の3Dセキュアの設定が完了している前提でお話しします。3Dセキュアについてはこちらを確認して下さい。

Kyashって?

Kyashとはいわゆるチャージ式の決済サービスです。ただ他のサービスと違う事があります。それは

  • 最後的には支払いはVISAなので世界中のどんなお店でも使える
  • 支払いはQuick Pay(Apple pay・Google Pay)対応
  • チャージはクレジットカードでパススルー可能
  • 年齢確認等は一切なし(一部機能を除く)

です。これだけでも既にすごいように思えますが、もう一つとっても大きいメリットがあります。それは

ポイントor還元の二重取りが出来る!

事です。このサービスは実際のカードを発行しなくても利用できますが、そのバーチャルカードを利用するだけで0.5%のポイント還元が付きます。(記事執筆時点)これはそのまま残高チャージに利用することが出来、次回の支払いで利用することができます。

このサービスとSony Bank walletを併用すると最低でも1%還元を受けられるのです。

一応デメリットとしては、海外でこれを使って支払うとsony bank wallet の優遇された為替レートは使用する事が出来ません。普通のカード会社と同じように手数料が請求されます。

Kyashの設定

Kyash (キャッシュ) いつものお買い物をスマートに
Kyash Visaカードとスマホでいつでもどこでもかんたんに支払えます。アプリのリアルタイム通知と履歴反映でお金の管理にも最適です。

まずは公式サイトからApp Storeへ飛び、アプリをダウンロード後初期設定を行なってください。

その後この画面の「新しくカードを登録」をタップ

Sony Bank Walletの情報をこの画面にて入力してください。

この登録後3Dセキュアにログインが求められるのでログインをしてください。

※もし3Dセキュアを行わないと1回あたり5千円しか利用できません。

その後自動チャージになっていることを確認します。

これでKyash側の設定は終了です。

Apple Payの設定

まずwalletアプリを起動します。

右上の+のマークをタップします。

続けるをタップします。

クレジットカード/デビットカードをタップします。

カードの情報をカメラで読み取ってくれます。出来ない場合は「カード情報を手動で入力」をタップ

手動を選択した場合はこの画面になりますので、名前に「KYASH MEMBER」と入力して(バーチャルカードかKyash Card Liteの場合)、カード番号を入力してください。

この後しばらく待つと設定が完了して、その後メインカードに設定するか尋ねられる場合がありますが、Apple Payで今後Sony Bank Walletをメインに使う場合はメインカードに設定することをおすすめします。(後から変更可能)

最後にKyashアプリからきちんと通知が来ているか確認しましょう。

これで設定は終了です。お疲れ様でした。あとは店頭で「Quick Payで!」と伝えれば決済は完了です。

Kyashのカードはどれを選べばいい?

Kyashには現在3つのカードを提供しています。

  • Kyash Card
  • Kyash Card Lite
  • Kyash Card Virtual

アプリを入れただけだと自動的にKyash Card Virtualになります。

Kyash Card Virtual

ほとんどの方はこちらで十分です。還元率は0.5%で、すぐに使うことができます。Sony Bank Walletを登録していれば一回の決済で、3万円まで支払う事ができます。ハードに使わなければ問題ないでしょう。

Kyash Card Lite

もし一回の決済が5万を超える事が多い方や、普通に街中でも使いたい方にはこちらをおすすめします。ただ還元率は0.5%ですからバーチャルカードとなんら変わりはありません。

発行に必要なものは発行手数料300円とお届けする為の住所だけなので、あまり個人情報を入れたくないけどカードを持ちたい方にはおすすめです。

Kyash Card

こちらはKyash Cardの中で唯一還元率が1%となるものです。またKyash Card LiteはICチップを積んでいないのですが、こちらは積んでいる為、タッチ決済が利用可能です。

発行手数料は900円で、発行する為にマイナンバーカードやパスポートなどの個人を確認する書類が2点必要な為、発行は少し大変です。ただ一度発行すれば一回の決済で30万まで利用する事ができ、メインのカードにしても問題ないレベルのものになっています。

まとめ

いかがだったでしょうか?Apple Payで利用できるとiPhone利用者からすると活用の幅が広がると思います。もし質問等があればどしどしお送り下さい。

中高生向けではありますが、マイナポイントについては以下をご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました